〜メイク講習ー終焉ー〜


最終日。
なかなか感慨深いです。
↑前回の

ポイントを抑えた

《カラーの色味に合わせた》

メイクを教わります。
↑ディーラーさんがモデルというシュールな…
↑ファッションカラー

裏面にはグレイ(白髪染め)カラーの4種が…メイクってホントに難しい。
  • 色味
  • 化粧品の”軽さ”・”重さ”の違い
  • 色を入れる場所・入れ方
出したらたっくさん出てくるのです。


美容は

《色》

との関連が強く学ぶべき事がたくさんあるので、的を射た。さらに”意識”をしないと色んなところが抜けます。


他の技術だってそう。
ブローだってシャンプーだって初めに意識しまくらないと上達していかない。


例えば

《ブロー》

→ボリューム抑えるとこ出すとこ
→ツヤや髪の向かう方向性
ただドライヤーの風を当ててブラシ通せばオッケーというものではありません。

《シャンプー》

  • 強さは?
  • 手の動きの大きさ
  • リズム
  • お湯の温度
  • 首の角度、、etc
シャンプーへのこだわりはたまらなく強い為キリがありません。


他の技術と言えど、意識するとこを挙げればこれだけあがるのです。



経験を積む



までは、やはり意識し続けなければ上達はしません。
特に《色》に関しては女性の方が敏感ですからね。もっとたくさんの色を見ねば…
↑仕上がり

そんな事を思ってる最中に仕上がるメイク。

『アデージョ』

と言わんばかりにつややか。
正に『艶女』


見ればわかります。
この自信に満ちた表情。
男性と言えどメイクをすればこのような出で立ちになるのです。
  • フェミニン=丸く
  • マニッシュ=横長に
  • あまり色味にコントラストを出すと老ける(青とピンクなど)
を意識したメイク。


半分ずつ違います。

ん〜
コメントは差し控えますw
とりあえず首元のティッシュは気になりますよね。
気にしないでください。笑


とまぁ一連のデモンストレーションが終わったので相モデルで実践。

、、
↑…

、、
、、、
↑…

青ヒゲ。。
そして何とも言えぬ表情でアデージョに見られております。
↑えw

ドキッとしますね。
↑相モデルをやっていただいた副店長の千葉さん。

同じく左がフェミニン、右をマニッシュでやり合ったのですが。
リップがヘタクソ過ぎて泣けてきます。
しかしキャンバスの良さに助けられました。


まだまだやりたかったなぁ〜
この講習。


兎にも角にも
やれる事いっぱいで楽しいゼー╰(*´︶`*)╯

個室型美容室GULGUL スタイリストサブローの戯わ言

湯浅昂三郎と申します。 個室型美容室GULGULの下総中山店で勤務。 ・大人上品な雰囲気を作る【オリーブカラー】 ・【くせ毛】のケアに特化したケアリスト (下記の《LINE@》もしくはお電話でご予約出来ます。) オンラインサロン『マルチバース』のメンバー。 毎日必ず更新。(美容情報やプライベートもちょっぴり)

0コメント

  • 1000 / 1000