〜トップレベルの美容室て…〜


先日
お友達がデビューしたという事で都内の美容室

『peek-a-boo』

に行って思った事。
↑先日の模様


やっぱりスゴいの一言。
大満足だし。

  • 技術力
まずはコレに尽きる。
久々に見ました。
あんなにシンプルに切る姿を。
《シザー1本・ダッカール1本・コーム1本》
シェープも最小限でしたし。


  • VIP感

都内の有名店はこの方式多いですよね。
でもやっぱりこのガウンを羽織った瞬間の《VIP感》たるや…
良かったです。


  • 清潔感などの”演出”
メモとしても書き記しておきたい

《ブラシ一つ一つのパッキング》

僕は見逃しませんでした。
写真は撮れずとも引き出しを開けた瞬間のキレイに整頓され、一つ一つ袋に入れられたブラシ群を…
ホテルのアメニティにも似た清潔感でした。
またまたブラシを前に置いてお客様の”目の前で”開けるんですよ〜

『ズルい!うぎゃぁー!』

って思っちゃいましたね。ついつい。
”演出”って大事…


  • アシスタントの俊敏な動き
コレは聞いた話なんですが、専属は基本的に川島氏とアートディレクターにしか付かないみたいです。
なので、基本的には

《奪い合い》

アシスタントが20人もいたらそうなるか…でも忘れかけてた心でもありました。
前は奪い合ってたけど、今はアシスタントが少ない。だから奪い合う事もなく…
そして即座な対応。
素晴らしかったです。



何よりも自信に満ちてた。



スタイリストひろぽんのオーラ。

『俺に任しとけ〜い‼︎』

と言わんばかりだったのでほぼお任せ。
そして僕は大満足。


その帰路につく僕のテンションの高さたるや。

『見て見て〜コレpeek-a-booで切ったアタマ〜』

と見せびらかす如く満足感に浸ってました。
そして僕自身も”自信に満ち溢れていた”。


そうです。
とても楽しくそして”自信を与えるヘアデザイン”を作ってくれたんです。
いざ久々に他の美容室に行って施術をされて帰ってみると…

『あ〜。自分がスタイリストになったらココ目指していかないと。』

という気持ちに。


時間を使ってせっかく来ていただいてるお客様。
やっぱり

”楽しんでもらい、そして生まれ変わった自分に自信を付けて帰っていただく”

アシスタントの期間に色々と養っていきたいものです。


また

《peek-a-boo》

のデザインてわかる人が見ればわかると思うんです。

『あっ!あのデザインは!』

そんな風に思われるように…
そんな人になれるように。


そんな想いになりました。
”学び”の多い1日でした。


はぁ〜。
また行こ。


でも他の美容室もたくさん行ってたくさん学ぼうっと( ´ω` )


それでは!

個室型美容室GULGUL スタイリストサブローの戯わ言

湯浅昂三郎と申します。 個室型美容室GULGULの下総中山店で勤務。 ・大人上品な雰囲気を作る【オリーブカラー】 ・【くせ毛】のケアに特化したケアリスト (下記の《LINE@》もしくはお電話でご予約出来ます。) オンラインサロン『マルチバース』のメンバー。 毎日必ず更新。(美容情報やプライベートもちょっぴり)

0コメント

  • 1000 / 1000