〜”学び”は他業種にも山ほどある〜


でへへ。
↑『ポールスミス展』‼︎
↑豪雨過ぎて足元即死。
↑入り口では待ちぼうける人々。

雨止み待ち…
↑そして入り口では、、

『HELLO』‼︎

と小気味イイご挨拶。
たまらん。

そこで渡されたイヤホン。
入場者プレゼントか…
考えたなポールスミス。《何者w
だってコレって写真撮って
『ポールスミス展行ってきました〜!』
って人がたっぷりドップリSNSあげて、ついでにリアルコンテンツとしてこのイヤホンで音楽聴いてくれたりなんかしてくれたらそれだけで拡散してくれる訳でしょ…さすが過ぎる。
拡散せずとも『ポールスミス』の名は知れてるから他に目的あるのかもしれないけど…


あ、ポールさんの『愛』なのかも。。
とまぁそれはそれでサラッとスルーし。
↑『アートウォール』なるもの

入り口初めの展示物。
人が…
見れん。
チビ助サブローは真ん前ぶんどらなければ見れん。
その最中に見つかるQRコード。
読み取ってみると、、

な、なぬ⁈
コレは…
そう。
美術館は必ず音声ガイドが無料なり大体500円位で配っているのである。
それを近代風にQRコードでアレンジするとは…
初めて見たゾ。


美術館にも革新が起き始めているのかもしれない。
松田翔太さんナレーションだし。
声もイケメン過ぎてワクテカ。


あっ
そして言い忘れてたのですが全て写真オッケーなのです。
お構いなしにバシバシと。
サブロガーにはありがたい…


そこでちょっとブレェェイクタァーイム。
気になったアート達を。
↑僕の友達も展覧会に参加していたようです。
↑…草間彌生感。
↑ってーい‼︎

ボヨヨ〜ン。
と誠シュールなフォトグラフィック。
↑お、おう…

コレを見てわかるでしょうか。
非常に《遊び心・好奇心》が旺盛な事に。
そしてもう1つ。
  • 意外とシュールなモノも好き
人って意外とそういうものを好むんだなぁ。と…


コレでポールスミスのデザインへの落とし込みの入り口には行けた気がします。


その後このフロアは終了し、フラフラしてると知らぬ間に逆行しているサブロー。
1番初めに戻ると
↑ポールスミスの1号店

わずか3m四方の場所でショップをやっていたそうです。
簡単に言うとテナントのようなもの。
初めは誰もがこういった所からスタートしているのだな…と思いました。
↑デスク。

ポールスミスだからこそ許される散らかり具合。
でもコレも”わざと”。
『デザインはこういうとこから生まれる。』
だから結果的にデスクは使わないみたいなんですけどね( ๑´•ω•)
↑こちらは初めてのショールーム

パリにあるホテルの一室。
それの再現のようなのですが、見に来たのはわずか1人。
でもその方から注文が入りそこから様々な事がスタートした。と…
人生は何があるかわからん。


抜粋してお伝えしてる部分もあり、行った気分になっていただければ幸いなのですが果たして伝えきれているのか…
でもこれだけは見ていただきたい。
→腕時計なり…

、、
ポールスミス昔の方がキャワワワワワ!!
え。。
個人的にですが90年代のデザインの方が革新的過ぎて歴代ポールスミスの方が好きや。
と思わされたと共に
↑全店舗内装とその部品

全店舗違うデザイン。
同じは嫌みたいです。
《遊び心》が先行しているのですね!
↑そんなポールさんを横目に
↑GOOD BYE

と。
シャレ乙やんけ。


ここで終わり。
その後ショップを見るなり帰路につく。


いや〜
  • デザイン
  • マインド
  • 『ポールスミス』というヒトに対して
とても面白く、また”学び”の多かった今回の展覧会。



”学び”は他業種に。



冒頭にも述べたように何か得られる気がして今回の展覧会は来ました。
ステキな人間性からにじみ出る感性。


《ミーティング》

ミーティング中空気が重くなると鉄製のスーツケースをだしておもむろに鉄道模型と鳥のおもちゃを出して場を和ませたそうです。
鳥のおもちゃは無かったのですが、鉄道模型を見つける事が出来ましたので共有を。
コレを見にわざわざデザイナーさんなどはミーティングに参加したようです。


《プリントTシャツ》

ポールスミスが初めて作ったようです。
”なぜ生まれたのか”というと、バスなどにプリントされてる広告やデザインそれをそのままカワイイと思いパクった。
そのようなマインドが生まれたのも
  • ヒトは見ているようで見ていない
そんな概念から僕は『目』で仕事をするんだよ。と…
この世の中、ブログやネットに囚われ過ぎていて本質を見る『目』が無いように思える。
そうポールさんは仰っておられました。


《大切にしている事》

  • 観察・”ちゃんと”見ること
  • 周りの人に囚われない(そのデザインや考えは既に世の中に存在している)
  • ノートや写真に収める(常にカメラを持ち歩き、ありのままの風景や人を撮るそうです)
  • 意外性・秘密
  • 明確性(何を伝えたいのか)
しかもポールさんはデザインの勉強をした事があまり無いにも関わらずこのような地位を確立。
世の中わからないですね。


なんか…



全部”美容”にも通じないか?



って思いながら鑑賞させていただいておりました。
1番

ハッ!

としたのは
  • 明確性
これは…と。
美容で言えば
  • 何のためにやっているのか
  • 目的は?
  • 目標は?
  • 将来のビジョン
など出せばキリ無いと思いますが、そんな事を思わされたと共に『自分は?』というとまだまだハッキリしていない部分もあり考えさせられました。


『まだまだ成長出来る。』

そう確信を持てました。
進化への道が見つかるととても楽しくワクワクします‼︎
↑新宿『モザイク通り』

『よ〜く観察しよう。』
そう思いながら新宿へ着き。

”見る”

事に重きを置いて歩いていたのですが、知らなかったんです。
鉢が”赤いもの”を置いている事に。
たわいもない事かもしれないですが
『あぁ〜。こういう事を伝えたかったのかもしれない。』


そう思ったので、これから街に出る際は意識していきたいと思った次第です。


またたくさん良いものを観に行こう…

個室型美容室GULGUL スタイリストサブローの戯わ言

湯浅昂三郎と申します。 個室型美容室GULGULの下総中山店で勤務。 ・大人上品な雰囲気を作る【オリーブカラー】 ・【くせ毛】のケアに特化したケアリスト (下記の《LINE@》もしくはお電話でご予約出来ます。) オンラインサロン『マルチバース』のメンバー。 毎日必ず更新。(美容情報やプライベートもちょっぴり)

0コメント

  • 1000 / 1000